最後のブルートレイン、北斗星乗車記(2)食堂車篇

最後のブルートレイン、北斗星乗車記(2)食堂車篇

北海道新幹線の開業準備に伴い、2015年8月で運転を終える寝台特急北斗星。運転終了に伴い、1958年の20系「あさかぜ」以降57年に渡って運転されてきた「ブルートレイン」の歴史に幕が降りる。8月9日から10日にかけて、最初で最後の、北斗星に乗車する機会に恵まれた。最後のブルートレインの風景を点描したいと思う。今回は、食堂車のパブタイムを中心に。

前回の記事はこちら
最後のブルートレイン、北斗星乗車記(1)最後のブルートレイン、北斗星乗車記(1)

最後のブルートレイン乗車記。第1回は、上野駅からスシ24を眺めるまで。

開放B寝台の景色

モケットは変わってしまったが、昔ながらのB寝台。

モケットは変わってしまったが、昔ながらのB寝台。

いよいよ車内へ。寝台車の絶滅直前になっていうのもなんだが、最近は開放B寝台も悪くないな、と思う。昔は絶対ソロで悠々自適に、と思っていた。相席になった方々に恵まれているせいかもしれないが・・・。

11号車はなんと喫煙可。吸わない方には申し訳ないが、このご時世、煙をくゆらせながら19時間も汽車に揺られていられるなんて、信じられない。

定刻となり、列車は静かに上野駅を発車。

発車してしばらくは山手線・京浜東北線との並走、尾久車両センターの通過、大宮までの6線区間の快走と見どころが多くあわただしい。

デッキにて。尾久ー赤羽間。

デッキにて。尾久ー赤羽間。

無骨な国鉄型車両のデッキ。ジョイント音を楽しむならここが特等席。フラット音もご愛嬌。

夜行列車で、夕暮れ前の車窓の外の景色を楽しみながらの一杯。至福の時

夜行列車で、夕暮れ前の車窓の外の景色を楽しみながらの一杯。至福の時

大宮を過ぎてようやくひと段落。奮発したヱビスビールで乾杯。早めに出発する夜行列車で、夕暮れ前の車窓の外の景色を楽しみながらの一杯というのがいい。まだ外は明るい。

これも、3月までの定期の北斗星だったら上野発は19時だから味わえない景色だった。全車ロビーカーの復活や、空前の豪華編成など、北斗星は廃止前にいろいろなプレゼントをくれた。

食堂車に車内販売、検札もちゃんとある(笑)。北斗星は車内サービスもフルコースだ。

食堂車に車内販売、検札もちゃんとある(笑)。北斗星は車内サービスもフルコースだ。

車内販売も頻繁に回ってくる。北海道限定のサッポロクラシックを販売していたのでもう一本。

列車はまだ関東平野だ。

福島にて。

福島にて。

19時50分、ようやく福島到着。

子供の頃、すでに東北新幹線は開通していたが、1本だけ残った上野〜秋田間のつばさでよく福島まで帰省したものだが、あのつばさは上野15時15分発、福島着は18時30分くらいだったはずで、ちょうどその1時間くらい後のスジということになる。

本日はご乗車まことに有難う御座います。
恐れ入りますが、お手持ちの乗車券を拝見させていただきます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道コム

コメントとトラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by Tatsuya

    はじめまして 
    臨時北斗星も上野発は残り3日となりました 作者様は9日に北斗星乗れたんですかうらやましいです

    ブルーとレイン57年の歴史に幕悲しいですね

    ありがとう北斗星、お疲れ様北斗星

    • by 管理人

      御返事遅くなりましてすみません。

      私は10時打ちに何度も撃沈しましたので、ツアーで申し込んで乗りました。
      本当に悲しいですが、いつかまた鉄路を夜行列車が走る時代が来ることを願っています。

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする