1992年・夏、美濃太田駅。太多線のキハ58-733(海ミオ)

1992年・夏、美濃太田駅。太多線のキハ58-733(海ミオ)

今から23年前、1992年・夏。北陸旅行の帰り。美濃太田駅にて、太多線のキハ58ー733。

カメラ不明。フィルムから、EPSONのスキャナー・GT-X970で取り込んだもの。

2000年ごろまで国鉄色をまとったまま活躍していたようだ。そう考えると、2000年ごろまではJR東海にも国鉄型車両がゴロゴロしていたんだなあ、とあらためて思う。東海道本線に行けば、まだ原色ボンネットのしらさぎが驀進していたのだ。

美濃太田運輸区(海ミオ)所属、キハ58ー733。

美濃太田運輸区(海ミオ)所属、キハ58ー733。

背景に写っている古レールづくりのホーム上屋と跨線橋は、民営化後5年経ってはいるが、ほぼ国鉄時代と変わらぬ意匠のままだ。だがこれも、98年に駅舎が橋上駅舎化された際に無くなってしまったという。

左側の新建材の住宅が、時代が変わろうとしていることを静かに暗示しているようだ。

海ミオ・キハ58系を追って海ミオ・キハ58系を追って

高山本線を駆け抜けた、美濃太田車両区キハ58系の末期の記録です。

GT-X970は、フィルムスキャン対応のフラッグシップ機で、かつて撮影したフィルムを驚くほど高精細に取り込んでくれる。ブローニーや4×5用のフィルムホルダーも付属している本格機だ。7年近くモデルチェンジされず販売されていたが、ようやく去年後継機種のGT-X980が登場したようだ。90年代に撮りためた写真も、おいおい公開していきたいと思っている。

本日はご乗車まことに有難う御座います。
恐れ入りますが、お手持ちの乗車券を拝見させていただきます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道コム

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする