最後のブルートレイン、北斗星乗車記(1)上野駅篇

最後のブルートレイン、北斗星乗車記(1)上野駅篇

ようやく電光掲示板に北斗星の発車案内が現れた。前後を占めるのは「小金井行き」ばかり。かつての中電が聞いて泣く「古河行き」でないのが救いだが、もはや「黒磯行き」は1日3本しかないし、「宇都宮行き」も減ってしまった。札幌まで乗り換えなし、という長距離列車がどこか場違いな印象すら受けてしまう。

上野駅の発車案内。前も後ろも小金井行き。東北本線の昔日の面影はない。
上野駅の発車案内。前も後ろも小金井行き。東北本線の昔日の面影はない。

13番線には、すでに北斗星が入線している。

すでに上野駅13番線に据え付けられている北斗星。
すでに上野駅13番線に据え付けられている北斗星。

波瀾万丈のスシ24‐506

やはり目が行くのは、この編成の目玉ともいえる食堂車のスシ24‐506だ。いままでも上野駅で何度となく目にしてきたが、暗いことや、柱に邪魔されてしまうことなどできちんと写真に収めることがなかった。

北斗星の廃止で形式消滅となることが予想される元サシ481のスシ24
北斗星の廃止で形式消滅となることが予想される元サシ481のスシ24

このスシ24‐506だが、1974(昭和49)年に白山用のサシ489として新製されたが、その後白山の食堂車廃止に伴ない横軽対策を撤去しサシ481に形式変更後、ふたたび白山の食堂車復活に伴ないサシ489となり、1985年の白山食堂車廃止後は保留車となり、そのまま廃車か…と思いきや青函トンネルが開通した1988年にスシ24に改造され現在に至る。485系一族として活躍したのが14年。それから平成の世、JRの時代を24系として四半世紀あまり駆け抜けた。鉄道記念物モノの名車である。

丸窓と業務用搬入口、スシ24の特徴のあるサイドビュー。
丸窓と業務用搬入口、スシ24の特徴のあるサイドビュー。

調理室側から。業務用扉、従業員用便所の丸窓の特徴がよく分かる。

スシ24をもう少し遠方から。外板に、四半世紀に渡って東京と北海道を行き来し続けてきた歴史がにじむ。
スシ24をもう少し遠方から。外板に、四半世紀に渡って東京と北海道を行き来し続けてきた歴史がにじむ。
スシ24とオロネ25の連結部分。車体断面の違いを鑑賞する。
スシ24とオロネ25の連結部分。車体断面の違いを鑑賞する。

同形式の車両は、車齢20年足らずで廃車になってしまったことを考えれば、間違いなく幸運な車両であったといえるだろう。

さて、そろそろ車内に乗り込もうか…。

(つづく)

続編はこちら
最後のブルートレイン、北斗星乗車記最後のブルートレイン、北斗星乗車記(2)

最後のブルートレイン「北斗星」乗車記。いよいよ発車。そしてグランシャリオへ!

本日はご乗車まことに有難う御座います。
恐れ入りますが、お手持ちの乗車券を拝見させていただきます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道コム

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Facebookでコメントする